目の下のたるみの整形による治療について

綿密に目の形についての相談をしてからの手術を

手術の前に、綿密に目の形についての相談をしてもらい、私が納得するようなものをしっかりと見つけ出してもらえたので、良い仕上がりの目になることができました。手術の後は、目をしっかりと冷やしてもらい、腫れなどの異常を最小限にし抑えるような処置をしてもらえたため、良かったです。麻酔をしながら冷やしたため、あまり冷たいという感覚がなかったため、処置をすんなりと受けることができました。目を冷やす処置を終えた後には、すぐに自宅に変えることができるような状態になり、思っていたよりも短時間で、簡単に処置を終えてもらうことができたため、よかったです。帰るときには、目が少し腫れているような状態であったため、サングラスなどの目を隠すような道具を持っていくことをお勧めします。サングラスをかけるだけで、電車で帰って絵も大丈夫な顔になることができるため、良かったと感じています。手術をした当日から、シャワーをすることが可能になっていて、普段通りの生活をおくることができます。メイクをすることが不可能な状態が少しだけ続くため、女性の場合は注意をする必要があります。仕事をあまり休まないで治療をしたいと感じている人の場合は、メガネやマスクをして出かけるなどの処置をする必要があるため手術をする前に、ダウンタイムのこともしっかりと考えておく必要があります。



綿密に目の形についての相談をしてからの手術を ダウンタイムが比較的短いことが魅力的

戻る